忍者ブログ

蓝精灵

その年、あれらの年だった

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

その年、あれらの年だった

数え守れる歳、本当に多くない時期が来て本当に一人を爱してもなかったし、時間を恨めひとりだった。大概はこのようにいつの间にか、後に知後でした。
あなたの薄いずくめの兆候で、私の苦悶「くもん」だった。考えてみれば、予備ひしと口に笑った。记忆の中で、あれは雨上がTape replacementりの夕暮れは、空気のいりまじった涼気清浄で、人の中には、心暖かいそれとも夕日暖かく、全身だらけなオレンジ色だった。それ以来、安定とは心は一度もなかったことだ。
だったかも知れないが、バスを待っている時間帯は、努力の群れの中であなたの利発、一瞬後はかえって深刻です;だったかも知れないが、予習午後店の期待に背を向けた。道は少年経緯;女の子だったかも知れないが、書いた一册の胸中を愿い、自分についての少年;おそらく、一つの不可解不眠の夜を懐かしみ始める侵襲;……だったのだろうか可それらはきみの知らないことではない。
見てくる言葉世界中で一番长い距离は生と死ではなく、私はあなたの前にあなたは知りません私はあなたを爱します。忘れたとはいったいタゴール氏のオリジナルなのか、それとも人に是正するバージョンであっても、それは知っていました。そのような年を愛しているといささか重いがあれば、それをひとまずという話だ。あれらのきみの知らないことではない。
しばらくの时间があって、ばかな音楽が好きです。そんなを楽しむで、音楽の無制限の自由で、楽に依存して云の上だった。そんな目につかないで、私の頭の中は、山奥で、心の中に、他人とはいった。あなたは、私はますますを察知した。「くもん」それから、あなたはどのように気づいて、私自身も分かりません。も何でもなくiphone skins、あなたは先輩、私は学妹、あんまりでもにあまりにも多くの頭に来た。このように、総鬱憤を選択するのか、現実の前で妥協する。数え切れないほど、と思いました。すべての话をあなたに闻く。やはりそうだった。それでいいのよ。どうやらあなたを知って、まだいい。
電話で、だしてあのけっしてと連携した人を缔めた抱き締めてイヤホンを出していたが、ボリュームを上げた。いいないようだった。目の前には新绿、生気の趣きが襲ってきた。心ができる広がる荒涼としなければならない。手底下めくり返しますの本を付着淀んで印刷されたインクからぼんやりしていた。でも、私が少なくとも梦を、あなたは動力だが、でもあなたはの春と夏。最年少で不言不语だった。
黒いものだ」とし、「私は恐れ生まれつきの危機だ。夜になると、いいようのない恐怖感と瞬间を心に引きされた感じをかならずぼんやりしているかどうか自分ではまだ生きている。にもかかわらず、昼间にできるように私はやはり一輪の花、日当たり他人に多くの笑みを浮かべていた。例えば、たとえ今ごろは大人になっていた。私も同年自分の心の中の期待する形で、あなたはやはり気な風景だ。
風古びて、私は用心ぶかく相寄る余年の秘密で、あなたはただ淡々としていた。笑って見せた。结末と過程をすべてあって、また行きがつきまとう。自分でも捜査を促した。この結果はがどれくらいかを風刺したように、これは何のがどんなにむっとしただろうか。にもかかわらず、究極的には連日ですね。あの夜分外に长くて、すべてが长くて、窒息したようだ」と話した。だって経ちました。私はこの歓呼するのか、それともこの幸い、どうしたのがありません。
見た愛の物語は谁もが、相手知了本音を離れると、わざわざだった。さて、物語は物语の中で、恋爱とは、分割にとってが倒れているのは適切ではない。愛の物語をよく耳にし、爱情は少ないだろう。たとえのだろうと思った。すごく君、毅然とした姿を見せている総会を強だと思った。
ついに、私达はすべて私达になって最初になりたいと思ったその人。あなた、遥かな都市だが、私が见えるところを宣言したことから、あなたはちがいな生活をしている。私は、始終を離れずにいるの地を踏んだ。ここであなたの记忆が多いからといって、についてが刻まれ寺内城壁のだった。最后まで能記憶も悔しい思いを出ます。谁がたくても、原住民の整段青春だった。この時期には、なにかからレシーバーでの「その後」「あの後、私はやっとマスターしてどのように爱して……」この道は下町の下町にあいまいにしなければならない。人がいくらかあって、逃せばだけがいません。
いつの间にか、母校に来。一校を大きくも小さくもところだったが、尊厳を薄くなっていた。ねえ、あの年の卒业したいと言った後1年さようならの皆さんが、お元気ですが?まだ覚えている高校時代、爱してる歌の私ですか?小幅に蓄积してしまったのかどうか、息子と娘従順分別だったのだろうか。私はとてもあなたたちだ。私は良いあなたです。
时々行きミルクティーを受け取りへ行くことで有名な店はかつて私のすべて期待していたところだ。両替してインテリアを変えたボス、ユリにバラ。前の方がいいですよ。人も以前の方がいいですよ。あなた、お元気ですが?そこの温かい気温だったのだろうか。
想念も門の人生の必修科目となったalexander hera pre wedding。あなたの立ち去った需さんのように、私は違う都市するこの授业を手に取った。「そろそろ嫁入りの年だ。彼はおっとりと人、見えないようぎょうしょうものであるが、确かにぎょうしょう。物心がついて、時には娘可愛いらしいんですけど、変な図々しさ。そのときのあなた。
一生大ていはこのようにして、いつか失ったとしても、いつかは残念だ」と語った。あなたに感谢して、私の青春の里はそんなに真実の存在もしたことがある。その笑い声を思い出されるあれらの花だ。それらの花。
その年、あれらの年だった。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R