忍者ブログ

蓝精灵

秋葉舞い落ちて

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

秋葉舞い落ちて

音もなく、秋になった、連日の雨が迫る秋の足音、雨、雨がしとしとと降る、濡れた通行人の襟、明るい世界の瞳Lumiere
好きな雨の夜に静かにぶらぶら歩いて、聞いていて雨が好きて限りがない思いが好き、窓際に立って遠くを見ることが好きなネオンを眺めて、広い夜空の思いを飛ぶ。自分の考えが乱れて撮ったたびに、あるいはあふれ行の時、いつも好きには就職の文字を訴え、実は自分もいつから知らないで、文字の私を歳月の筆墨、優形の筆箋も私に訴え情緒の衣装、文字を読むことができる静かに私の情私の気持ち、私の念と私の心の中の最も深いそれで纏綿。
許はしばらくの時間がないという文字の中で過去の痕跡を探して、今日の小雨が倒れた景は旬、私に筆をとって考えた人かどうか心配私の文字、許はない、許は多くなくて、許自分だけ、いいから、心の中に書かれ、浮かぶ紙に、目情の中で、自分で十分に陶酔している。
文字の私を静かに、私に考えて、更に私の悟ること、季節の闌珊旧文字でたおやかで、昔の文字を覚えて、あの時の自分は、黄色の扉、デリケートな言葉で、私の記憶の中で成長して、歳月の蒸散でそのまま一抹のすがすがしい香り、淡いが有る。
季節の片隅に立って、過去の靑を読んで、秋葉舞い落ちて、雲の早く水。都市の季節には、田舎の麦畑で、どうしても少なくなった部の秋の趣、実際に私は見たことない本物の農作物の、ただ書物から上映の印象やは遊びに関しては通りすがりの光景は、それは地味な秋の趣。都市の中で成長して、慣れたここのリズムが好きで、都市の交通の往来の盛んな、燭の火の衰え、多い1部の激情と活力、靑空、红瓦緑に染まる秋數學精補班、まるで一枚の絵は、その美しさは私の心の中で暗い生が。
流年似水、出会いは縁を大切にして、身の回りの知り合い、選択▼、一人選ぶ享歳月静美。完璧な人がなくて、あるいは自分の想像の中の人は、自分に合うのが一番ですが、生活が教えてくれるずっと追いかけの答え、ちぎれだけかもしれない存在に記憶の奥に、生活が来源于現実。歳月転々として、無くした美しい、かつての花を逃して、すべてすでに過去、未来が明日の自分に属して、執1部の情、願い事が個人が一番落ち着いたように。
歌声には私の考えは、花の中に私の季節で、大切にして知っている、あなたは私の最も深いの執着。私の友人は、ずっと、君の幸せは私の願いを聞いて歩いてきたように、幸せのバインド、あなたに入って暖かい港灣、楽しい一日ごとに。
私はあなたの一番の闺蜜、これは最高の诗句で、最も美しい年月はあなたに出会って、やっと自分に背かないように未来の道をずっとお互いにVio-la、私たちは春の明日。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R